昆虫の生態を知って防除に役立てよう!

クロコバエ

クロコバエ

異物混入,防虫管理,内部発生昆虫,生態,防除

 

クロコバエは、ハエ目クロコバエ科に属するコバエの総称です。
小型で、全体的に黒っぽい色をしていますが、稀に腹部に銀色の光沢を持つ種もいます。
翅の前縁脈は2か所で切れています。頭部にM字の模様があります。脚が黄色いものもいます。

 

日本産クロコバエ属の幼虫は腐食性、あるいは糞食性で、動植物性腐敗物や堆肥、糞などから発生します。
成虫は、畜舎の周囲の木の幹や塀のそばなどで群飛していることが多いです。
また、成虫は人間の生活環境でも普通にみられ、一般家屋や病院、レストランなどにもよく侵入します。
食品工場の建物内外で大発生することがありますが、フンコバエやショウジョウバエなどと誤同定されやすいので注意が必要です。

 

ヤマトクロコバエやナミクロコバエなどがよく問題となります。


クロコバエ対策


ホーム RSS購読 サイトマップ
HOME 用語集 関連書籍 お役立ちツール お問い合わせ